ミニバンカテゴリーの車種の中でもエスティマは寛ぎ感があります

トヨタのミニバンの中でもデザイン性に優れ、パーッケージングも優れているのがエスティマだと思います。
国産の車種の中でもフルサイズミニバンには室内空間は多少負けますが、3列目が床下に収納できるパッケージングなどは秀逸だと思います。
2列目のロングスライドを上手に利用すれば、4人家族ならば充分な広さと荷室が確保できます。
3列目を通常は収納して使うというような、利用の仕方だと本当に便利でストレスなく使うことが出来ると思います。
天才タマゴ、というキャッチフレーズで初代が発表されてから、変わらぬコンセプトとデザインでハイブリットモデルも登場しています。
ミニバンの中でも比較的早くからハイブリットモデルをラインナップさせています。


現在は標準系とエアロパーツがついたモデルがあります。
両方ともガソリンの普通のエスティマとハイブリッドモデルを選ぶことが可能です。
近未来的なインテリアはデビュー当時からセールスポイントの一つでもあります。
2列目シートのキャプテンシート化やロングスライド化などは他のモデルではいまや普通ですが、エスティマはその先駆けとなり、寛ぐというコンセプトが明確になっている気がします。
ミニバンでありながらエアロダイナミクスに優れたボディデザインは、家族でのロングドライブにも対応可能ですし、両親を乗せた場合の3列目まで使ったロングドライブにも充分に対応が出来ます。
2・4LのモデルでもCVTの採用により力不足を感じさせないので、経済性と購入金額とのバランスも良いと思います。

Copyright (C)2017進化し続けている車種エスティマ.All rights reserved.