進化し続けている車種エスティマ

エスティマは進化をしつづけている車種です

エスティマのデビューは古く、1989年幕張での第28回東京モーターショーです。
卵を連想させる未来的なボディーは話題を呼ぶ車種となりました。
さらにエンジンを床に傾けて寝かせることにより、フラットな床を実現しました。

2000年代、二代目になると四輪駆動から前輪駆動に変り、ハイブリッドの時代に突入します。
その使い勝手の良さ、燃費の良さから警視庁に採用され、移動交番と呼ばれました。
このころから、他の自動車からも高度技術を駆使したさまざまな車種が登場し、注目を集めます。
もちろんエスティマも負けていません。エンジンとモーターを組み合わせた世界初の電気式四輪駆動システムE-Fourが搭載や、電子制御ブレーキシステムによる四輪の制御なのです。

そして最近、ますます性能に磨きをかけるエスティマです。
吸・排気連続可変バルブタイミング機構による、低燃費の実現、吸排気システムの形状最適化などにより低速域から高速域までの安定した走行性能と、低燃費を成功させました。
国土交通省からも平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を受けています。
さらに注目すべきは安全性能です。
そのいくつかをご紹介しますと、車線逸脱警報機能。これは車線を逸脱するような場面で、事前にドライバーにブザーなどで注意を喚起します。
車線維持支援機能。これは車線内の自動走行システムではありません。
しかし、小さな操舵力をコントロールすることで、ドライバーのステアリング操作をより快適にサポートしてくれるのです。
もちろん設定した車速と車間を維持するクルーズコントロールを実現しています。
プリクラッシュセーフティシステム。これは前方のクルマに追突するなどの危険を避ける性能です。
ブザーによる警告、ブレーキ操作があった場合はアシスト装置が連動します。
ブレーキ操作が遅れた場合でも、プリクラッシュブレーキ機能が作動して、衝突速度を抑えるのです。
もとよりドライバーの安全運転が必要ですが、エスティマの高度な安全性能はドライバーのストレスを軽減し、より運転に集中できる良好な環境を創り出すでしょう。

Copyright (C)2018進化し続けている車種エスティマ.All rights reserved.